片づけで困っているあなたに!

ゴミ屋敷と精神疾患の関係

自宅を片付けることができず、ゴミをためこんでしまういわゆるゴミ屋敷というものがあります。自宅がゴミ屋敷になってしまうことと、精神疾患は深い関係性があります。ゴミ屋敷と精神疾患の関係性を説明します。自宅をゴミ屋敷にしてしまった方が患っている可能性の高い精神疾患に強迫性貯蔵症といわれるものがあります。ホーディングとも呼ばれるこの精神疾患の症状の特徴は、自分のコレクションしたものが失ってしまう不安や今手に入れないと二度と手に入れられないという強迫観念にかられてしまうことです。 そのため強迫性貯蔵症を患ってしまうと、物を捨てることに対する罪悪感を感じるようになってしまいます。そのため物を捨ててしまえば簡単に片付く場合でも捨てることができなくなり、最終的にはゴミ屋敷になってしまいます。また強迫性貯蔵症以外にもゴミ屋敷になる危険性のある精神疾患には、うつ病やADHDがあげられます。うつ病によるやる気の低下は、掃除する意欲をなくしてしまう場合があります。ADHAのかたは、集中力が乏しいため、集中して片付けることが苦手です。このようにゴミ屋敷を作ってしまう方は、ただの掃除嫌いではなく、精神疾患を患っている可能性も高いのです。

大阪でゴミ屋敷のどんな対策をするべきか

大阪ではゴミ屋敷が増えてきています。ゴミ屋敷が増えていくことで、困る人は沢山いるでしょう。ゴミ屋敷を大阪で減らしていくためにどのような対策をしていくべきな…

部屋がゴミ屋敷になる人の特徴

部屋が綺麗な人と汚い人がいますが、中にはスペースがないほどゴミの山になっている人もいます。部屋の中はまさにゴミ屋敷状態で衛生面が良くないので健康に害を与え…

ゴミ屋敷と精神疾患の関係

自宅を片付けることができず、ゴミをためこんでしまういわゆるゴミ屋敷というものがあります。自宅がゴミ屋敷になってしまうことと、精神疾患は深い関係性があります…

TOP